MENU

「応募する」をクリックする時の緊張感を和らげる3つのポイント

 

転職サイトでいい案件を見つけ、
そのまま迷わずエントリーをする人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

「本当にここに応募して大丈夫か」とか、
「入力内容に間違いはないか」など、

 

たいていのは応募する前に迷いが生じるものです。

 

そして迷っている間にその求人募集が締め切られていた
という経験がある方もいるでしょう。

 

ここでは、「応募する」をクリックする前の
緊張を和らげるための3つのポイントと、
応募の際に気をつけるべきことについてご紹介します。

 

応募前の迷いと不安から解放される3つのポイント

 

@求人への応募は自分磨きだと考える

 

求人募集にエントリーし、
履歴書を作成し、面接に行く。

 

こうした転職の一連の流れは、
自分磨きにつながっていると考えましょう。

 

なぜなら、場数をこなしていくうちに、
自分の強みがわかってくる上に、面接にも慣れていくからです。

 

以前なら受かることはなかったはずの面接にも合格するようになりますし、
理想の転職先から採用される可能性も高まります。

 

A応募件数は多い方が勝ちと考える

 

「本当にここに応募していいのかな?もっといい仕事が見つかったらどうしよう」とか、
「エントリーしてから他の会社に決まっちゃうかも」などとためらってしまい、
最終的にエントリーできずに締め切りを迎えるケースはよく見られます。

 

ですが、エントリーをしたからには、必ずそこに転職しなければいけないという決まりはありません。

 

それどころか、転職を成功させているほとんどの人は、
週に何件もの求人を見つけては応募し、
その中から自分の希望に合った仕事を見つけることができています。

 

Bエントリー後でも書類の修正はできる

 

「応募内容に不備があってはいけない」
という理由でエントリーできずにいる人もいますが、
web履歴書やエントリーシートは、応募した後でも修正できます。

 

いい案件を見つけたら、まずはエントリーして、
その後修正を加える方法もあるのです。

 

応募の際に気をつけるべきこと

 

エントリー後の修正ができても、
応募の際に気をつけるべきことはあります。

 

転職サイトを経由してエントリーする場合、
応募用のフォーマットに必要事項を入力して応募できますが、
誤字脱字の確認するのはもちろん、
「必須」とされている入力事項もしっかり入力されているか確認しましょう。

 

また、メッセージ欄は、簡単な自己紹介を入力し、
志望動機や自己PR欄が他になければこのメッセージ欄に入力します。

 

最後に、web履歴書は使いまわしをする人が多くいますが、
本当に応募する気があるなら、
1社1社で異なる内容のweb履歴書を作り直すようにしましょう。

 

 

トップページに戻る