MENU

仕事が見つからない!30代におすすめの転職サイトとその活用方法

 

20代の転職なら、どのような業界でも転職先は見つかりやすいものです。

 

ところが、30代半ばを過ぎると、
求人自体が減少していき、自分の希望する条件を満たした転職先が見つかりにくくなります。

 

ここ数年、転職サイトを利用した転職活動が主流となりいましたが、
30代の転職も転職サイトで成功できるのでしょうか?

 

30代の転職を成功させるポイント

 

30代の方でも転職サイトによる転職活動はできます。

 

20代より転職活動が不利になるので、その分、
転職サイトによるサポートを積極的に活用していただきたいものです。

 

とはいえ、20代と30代では転職サイトの使い方が異なることを心得ておきましょう。

 

ほとんどの求人で想定している応募者の世代があるため、
例えば20代の応募者を想定した求人に
30代が応募しても採用される可能性は極めて低くなります。

 

「未経験歓迎」「20代が多い」「第二新卒歓迎」などの言葉が
強調されている求人は、まさにそれと判断して間違いないでしょう。

 

30代の方は、このような求人に応募するのは避けて、
「管理職候補」あるいは「経験者優遇」の文字が入った募集を探し、
スキルと経験を活かせる転職先を見つけるべきです。

 

また、求人数をみても20代と比較して30代は不利な立場になるため、
できるだけたくさんの求人情報を探し、応募しなければなりません。

 

一連の転職活動を転職エージェントに任せてばかりの人も見られますが、
これで転職に成功するのは20代までです。

 

30代以降の方は転職エージェントに「任せる」というより、
エージェントのサービスをフルに活用して転職活動を進めていきましょう。

 

なお、転職に成功した30代の方は、
毎週10社前後の求人に応募している傾向にあるようです。

 

30代におすすめの転職サイトとは?

 

30代の転職は、先述の通り
どれだけ多くの求人情報を得られるかがカギとなります。

 

「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」といった、
他社よりも求人数が圧倒的に多く、業界最大手のエージェントへの登録をおすすめします。

 

一説によると、この2社を併用すれば、
転職業界のほとんどの求人情報を把握できるとも言われています。

 

他にも、経験者向け、特定の業界に絞ったエージェントの利用もおすすめです。

 

例えば、「JAC Recruitment」は外資系への転職に強みがあり、
「@type」はWeb、IT業界に転職を考えている方向け、
営業経験者向けに「アデコ」といった転職エージェントを利用する方法もあります。

 

自分が決めた転職活動の方針に合う転職サイトを探してみましょう。

 

30代になってからの転職は不利だというけど本当のところはどうなの?

 

30代になると求人情報が一気に減ってしまうので転職するにはどうしても不利。

 

このような話がネットを中心に話題になることがあります。

 

30代になってからの転職・・
本当のところはどうなっているのでしょうか。

 

30歳代というのは、まだまだ働き盛りの印象がありますが、
転職するには大変な年代ということなのでしょうか。

 

実際のところ、問題になるのはやはり
キャリア(実績)ということになるようです。

 

これは20代がキャリア形成にかける年代と考えるとわかりやすいでしょう。

 

安穏と与えられた仕事だけをこなしてきた33歳と、
常に高いレベルを求められて必死に自己研鑽をしてきた32歳では、
人間的な価値はもちろん人材という面でも雲泥の開きができているのです。

 

言うまでもなく、何の努力もせずに安穏と仕事をしてきた人は
市場から見てもその価値は低いと言わざるをえません。

 

仕事をこなしてきたと主張するかもしれませんが、
それは社会人としては当然のことで、
企業としてはそれ以上のものを求めているのです。

 

そのような人が30代になって、他の仕事に転職しようとしても、
それを欲する企業は皆無でしょう。

 

あるいはキャリアを求めない仕事に就くしかないと言えます。

 

20代であれば、キャリア形成の期間ですから、
ノンキャリアでも仕事はいくらでもあるでしょう。

 

企業も人材を育てる社会的義務があるからそれも当然なのです。

 

しかし、30代の人に求めるのは即戦力です。

 

何も実績がない人にいきなり仕事を任せるわけにはいきませんから、
そういった意味でも転職は厳しいと言えるのです。

 

それでは、まったく転職ができないのかということになるのですが、
そういう人のために転職エージェントがあるのです。

 

その一方で、20代で自己研鑽をしてきた人は、
どの企業からもその実績を高く評価されることが多く、
即戦力としてその実力が期待されることが多いのです。

 

また、さらに上の経営者としても期待されることにもなりえます。

 

しかし、こういった実力のある人が陥りがちなのが安易な転職です。

 

というのも30代とはいえ、実績が十分なため
どの企業でも引く手あまたといえます。

 

ですので、将来を見据えたよりよい企業からの求人があるのに、
それ以下の企業に転職してしまうことがあるのです。

 

そして、転職する企業をよく調べておくようにしましょう。

 

内定をもらったといって喜んでいても、
その企業がブラック企業ということもよくあるのです。

 

待遇や給与面、福利厚生など良いことを書いていても実際に入社してみると、
最初の話と違っているということにびっくりすることでしょう。

 

そのようなことも、転職エージェントを利用すれば回避することができます。

 

転職エージェントが紹介する企業にブラック企業は存在しないからです。

 

すべて優良企業ですから安心して転職活動をすることができます。

 

30代での転職リスクは確かにある!年収がダウンするのもアップするのも自分次第

 

30代の転職リスクというのは確かにあります。

 

生活もありますから
もっとも重要視したいのが年収のことです。

 

収入がアップするのかそれともダウンするのかということになります。

 

転職するなら収入がアップしなくては・・
そう思っている人も多いことでしょう。

 

それでも、ある調査結果によると、
30代の転職で年収アップしているのは30代前半の人で46.6%で、
逆に年収がダウンにしている人は37.6%ということです。

 

これが30代後半になると年収アップが28.8%で
年収ダウンは54.2%となっているのです。

 

明らかに加齢とともに年収はダウンしています。

 

調査結果では30代後半になると
年収ダウンは年収アップの人の2倍にも上っているのです。

 

このことから年収アップを考えての転職でしたら、
現在の会社を退職する前に
自分の年収のシミュレーションをきちんとするようにしましょう。

 

自分と向き合って、自分の市場価値を冷静に見定める必要もあります。

 

人によっては、キャリアアップを優先して
収入ダウンを甘んじて受ける人もいることでしょう。

 

自分の人生ですから、
思ったように生きるという選択肢もあります。

 

しかし、30代ともなると家族がいる人も多いことでしょう。

 

そうなると家族を養っていかなくてはいけませんので、
尚更年収のことは気にしなくてはいけないのです。

 

自分よがりの転職をしてしまうと家族の絆を壊してしまうこともあります。

 

中には転職によって離婚をつきつけられたという
笑えない話もあるのです。

 

30代というのは、前半と後半でかなり違いがあります。

 

年齢が人生のターニングポイントになるとしたら、
まさに30代半ばと言ってもいいでしょう。

 

家族は現在の生活を壊したくないという意味で安定を求めます。

 

ですから、収入が現在よりも下がらないのであれば、
転職に賛成するのは家族の70%以上ということです。

 

このことからも、転職に対する家族の考え方も
収入重視ということがうかがえます。

 

収入が現在よりもダウンしなければ、
転職にも理解を示してくれる家族が多いということですから、
年収アップを最大限に考えてくれる転職エージェントを利用するとい方法がベストと言えます。

 

まずは、収入が落ちないことを条件に転職エージェントに相談してみましょう。

 

30代のキャリアを転職活動に活かそう!

 

30代で転職を決断すると、
どういったメリットあるいはデメリットがあるのでしょうか。

 

これは、本人の問題もさることながら、
採用する企業にもいろいろな考えがあるでしょう。

 

企業が中途採用の求人募集を出すのは、
即戦力が欲しいという一点に絞られます。

 

これは、30代転職希望者にすれば、
これまでの実績を活かすという意味で好都合を言えるでしょう。

 

お互いが相思相愛であれば、
すぐにでも採用ということになると思います。

 

実際に、新卒から働いて30代になる8年から10年以上のキャリアとなると、
企業からは即戦力の期待が否応なく高まるのです。

 

職種が違う場合であって、それまでの実務経験以上に
管理職としての経験も重視されます。

 

人によっては30代でチームリーダーになる人も少なくありません。

 

そのような人を企業が採用すると
短期間で管理者として登用されることでしょう。

 

転職活動をする際には、
自分のこれまでの実績を企業にいかにアピールして、判断してもらうか
が重要なポイントとなります。

 

転職の場合は面接の場が重要視されますので、
これまでの実績が転職先で大いに活かされることを、
過去の経験を十分に説明して理解を求めるようにしましょう。

 

反対に、30代転職者の弱みというかデメリットはどういったことでしょうか。

 

それは、自分だけではなく他の人との競争になった場合は、年齢が若い人のほうが有利になるということです。

 

即戦力を求めているのですから、実績重視であるのは間違いないのですが、
同じような実績であれば年齢が若い人のほうが優先されるのは十分にありえます。

 

後は、人柄なども考慮されますので年齢が絶対とは言い切れませんが、
仮にライバルと5歳程度開きがある場合は、おそらく年齢の若い人のほうが採用されるでしょう。

 

このことから、年齢はどうしても弱みとなってしまいます。

 

そうなると、やはり実績でアピールするしかありません。

 

如何にに管理能力があるのか、
商品知識や人脈など専門知識や技術を持っていること、
そして如何に企業に貢献できるのかをアピールするようにするのです。

 

ネットでよく見ることのできる転職サイトは誰でも利用することができますので、
一つの求人に対して、場合によっては何百人もの応募がある場合があります。

 

これだけの人が応募するとかなりの倍率になりますし、
採用されること自体が難しくなるでしょう。

 

企業にとっても、ここから選別することが
難しくなるのは目に見えています。

 

そこで、活用したいのが転職エージェントなのです。

 

転職エージェントは企業と転職希望者の間に入って、双方の希望を取り入れて最適なマッチングをしてくれるのです。

 

30代の転職では業種・職種どのように選択するかが大事になります。

 

30代の転職で悩ましいのが、
求人企業や業種、職種をどうやって決めるかということです。

 

前職と同じ業種を選ぶことが近道となります。

 

それまでの自分のキャリアを十二分に活かすことができるので、
同じ業種を選ぶことが大事になります。

 

これは年収を落としたくないことを考えてもベストな選択と言えるでしょう。

 

反対に、前職と全く違う業界に転職したい場合ですが、
これはキャリアがないことから年収ダウンは避けられません。

 

もっとも、自分のしたいこと、夢をかなえるということで
年収ダウンも気にならない人が多いでしょう。

 

このような場合は、意外とすんなりと転職が決まる場合が多いです。

 

転職サイトと転職エージェントについて

 

ここで、転職サイトと転職エージェントの違いをおさらいしておきます。

 

転職サイトは、自分自身で転職先を選んで応募しなくてはいけません。

 

求人募集の企業は中小企業から大企業まで様々で、たくさんの求人があります。

 

もっとも、企業の意図が見えないことが多いので、
応募をしても自分の意にそぐわない場合もあるでしょう。

 

それでも、求人数の多さからこの企業で働きたいと考えて、
自分自身の力でアピールしていくことができます。

 

はまれば、理想の企業に転職することも夢ではありません。

 

転職エージェントは、企業と転職希望者の間をとりもつものです。

 

両者をマッチングしてくれると考えていいでしょう。

 

マッチングということで、ある程度妥協をしながら
転職しやすい企業を探してくれるということになります。

 

確実に転職したい、失敗をしたくないと考えた場合は
転職エージェントを活用して転職活動をするのが最善と言えるでしょう。

 

絶対に失敗したくない理由・・30代転職者の場合

 

これには3つの理由があります。

 

1.年齢的なこと
2.転職に時間がかかる
3.うまくいかない

 

年齢的な問題

 

30代というとまだまだ人生の半分にも達していません。

 

しかし、転職市場ではそれほど若いとは言えないのです。

 

これは、キャリア形成が必要な企業にとっては致命的といえます。

 

キャリアにと乏しければ、前職と同等以上の年収にはならないでしょう。

 

未経験の職種になれば、前職の年収に追いつくのに

 

数年あるいは10年以上かかる場合もあります。
人生においてこの後退はかなりの痛手となります。

 

転職に時間がかかる

 

30代の転職は長期戦になるのは間違いありません。

 

採用する企業も熟考に熟考を重ねて
決断をしなくてはいけません。

 

本当に企業にとって利益があるのかを
転職者の採用には考えるからです。

 

転職希望者も転職の際には
すぐに内定がもらえるとは考えないことです。

 

場合によっては数十社受けても内定がもらえない、
あるいはずっと転職できないという場合もありえます。

 

なかなかうまくいかない・・

 

なかなか転職できない。メンタルが弱ければ引きこもりにもなりかねません。

 

自信の喪失はかなりのものです。

 

悪いときは悪いことが重なる傾向があります。

 

以上のようなことにならないように、
転職エージェントの活用をオススメします。

 

30代未経験でも転職できるかどうか・・

 

30代で未経験の職種にチャレンジするのはかなり危険です。

 

それが、自分の夢であるのでしたら誰も何も言わないでしょう。

 

とりあえず、仕事をしたいという安易な気持ちでは、
おそらくその仕事は長続きしません。

 

自分の力量に合ったところ、これまでのキャリアを活かせるところに転職することが大事です。

 

30代の未経験者でも内定をもらいやすい仕事には、
介護職があります。

 

これは資格が必要ですが、
職業訓練などで無料で講習を受けることができます。

 

介護の世界は慢性的に人手不足ですから、
年齢に関係なく即採用が期待できます。

 

ただし、年収が高くありませんし、3Kのイメージもあります。

 

職に就くことは簡単ですが、
それ以上に離職率が高い世界でもあるのです。

 

介護職に就くには相当なやる気と覚悟が必要です。

 

ただし、介護職は就業自体が改善されつつあります。

 

これまで負の部分だったところも、
収入が高くなることでそれをまかなえるモチベーションも
高まることが期待されています。

 

これからの介護の世界はかなりオススメと言えるでしょう。

 

 

転職サイトおすすめランキングはこちら

 

30代の転職体験談

 

 

私は東京都在住34歳男です。

 

転職前は音楽イベント企画制作会社で
アーティストさんやタレントさんにオファーをかける
ブッキングの仕事に従事しておりました。

 

ブッキングと言ってもピンと来ないかもしれませんが、
営業力がメインとして必要になる仕事になります。

 

元々音楽が好きで、好きなことを仕事にしようと入社しましたが、
実際楽しいだけでこなせるものでもなく、
時間の拘束も長く、給与も安い仕事でそう甘いものではありませんでした。

 

好きなこととは言えどもビジネスの世界であることは間違いありません。

 

中にはあまり関わりたくない苦手な人でも、
業績を上げるため営業をかける必要はあります。

 

イベント企画制作会社でしたので、
イベント後の打ち上げという名のサービス残業もあります。

 

そこで少しでも名を売って、次の仕事に繋げるのです。

 

しかし、自分お手がけたイベントが盛り上がったり、
それをきっかけにアーティストや事務所の方の信頼を得られた時は、
何よりも嬉しく充実感のある仕事でした。

 

好きなことだから長く続けられたというのはありましたが、
勤続8年目で結婚を迎えました。

 

結婚ともなると、今後子供が生まれて、育てて、と考えていると、
経済的に大丈夫なのか心配になります。

 

妻と共働きで妻も時間の拘束が長い仕事をしておりましたので、
なかなか二人の時間が作れず、妻が望む子作りもなかなか進まず、焦りがありました。

 

そして、私の今後給与が増える見込みも得られなかった為、
今後を考えて転職を決意しました。

 

これから子供を作って育ててと考えると、
給与ももっと上げなければいけないと思い、
転職を決意したのは30歳の時、約3か月で、
はたらいくという転職サイトから新しい職を見つけました。

 

他にもリクルートエージェントで担当の方と一緒に探しましたが不採用の連続、
ハローワークに通い営業・事務職で探しましたが
いい条件のものがなくどれも給与が安いのでこれでは、転職しても意味がありません。

 

結局、転職サイトのはたらいくで仕事を見つけることに成功しました。

 

はたらいくはベンチャー企業からの求人が多く、
未経験可の求人も多く募集していたので使っていました。

 

そして、面接から採用までスピーディに決めることができたのも、
このサイトの良いところで、仕事が決まらず3か月で焦っていたのもあったので、有難かったです。

 

仕事内容は某大手放送局の営業代行業務でした。

 

営業経験はありませんでしたが、
未経験可で一から経験を積むことが可能でした。

 

営業なので頑張ればインセンティブもあり、
自分頑張り次第で給与も上げていくことができ満足しています。

 

今回の転職の一番の目的であります、
給与面の改善を乗り越えることができました。

 

実際未経験で不安なことも多かったですが、
実際飛び込んでみる勇気と行動力があれば、
知識がそんなになくても業績を上げることができました。

 

その後は、部署が変わって某大手通信会社の営業代行として、
テレマーケティングをしておりました。

 

そこでも営業の根本は同じだったので、
難なく業績を上げることができました。

 

給与も以前より高く、休みや時間もとることができ、
ワークライフバランスが良く働けるようになり、
職が決まらず不安な時もありましたが、転職してよかったと思っています。

 

有給もこれまで取りづらい空気でしたが、
今回の会社はそうではなく、有給もしっかり取れました。

 

転職される方は少しでも安定した企業をと
考えていらっしゃる方は多いと思いますが、
自分のプライドを捨てれば小さくても自分にあった会社は多くあると思います。

 

なぜ転職するのかを具体的にすることで、
スピーディかつ自分に適した転職ができると感じました。