MENU

転職理由を話す時の注意−キャリアアップの正しい意味

 

転職をするのであれば、転職先で必ず「転職理由」を聞かれます。

 

返答の中で多いものが「キャリアアップ」というものです。

 

しかし、この「キャリアアップ」という転職理由は正しく使えば
自分の向上心などを面接官に知ってもらうことができますが、
正しく理解しないで「キャリアアップのため」と使うと逆に印象をとても悪くしてしまいます。

 

キャリアアップ−言葉の意味

 

キャリアアップとは、直訳するなら経験を増やすという意味です。

 

確かに転職をすることで経験値を増やすことはできます。

 

しかし、経験を増やすために転職をしなければいけないのかと言えば、
必ずしもキャリアアップのために転職が必要になるわけではありません。

 

現在の職場においても部署を変わったり、
昇進したりすることによって経験できる内容が変わり、
それによって経験値を増やす、つまりキャリアアップをできるということです。

 

面接で「キャリアアップ」と言う方の中には、
自分の能力を更にアップさせたいという意味で使っている方もいらっしゃいます。

 

しかし、このような意味で使うのであれば、
キャリアアップではなく「スキルアップ」という言い方が正しいものです。

 

この使い方を誤ってしまうと、
面接においてその後の会話の内容が大きく変わってしまうこともありますので、
使い方には注意が必要です。

 

キャリアアップという言葉を使い、面接官に好印象を残す

 

面接において「キャリアアップ」のために転職をする事にした、
と言うのであれば、次の点をよく自分で把握し?明できるようにしておく必要があります。

 

「応募先でどのようなキャリア、つまり経験を増やしたいと思っているのか」

 

「新しい会社で働く事と自分の言うキャリアアップにはどのような関係があるのか」

 

「以前の職場では、なぜそのキャリアアップできなかったのか」

 

「同業種の他の会社でなく、この会社でなければキャリアアップできない理由」

 

という事です。

 

こうした事を、「明確且つ論理的」に答えられるなら、
自己分析と論理的な思考を持っている人という印象を面接官に残すことができます。

 

しかし、キャリアアップをいう言葉を軽く使い上記の点をきちんと?明ができないなら、

 

「以前の職場ではキャリアアップが出来なかった人」

 

「ウチでキャリアアップできなかった場合、すぐにやめてしまうのではないか」

 

等のマイナス面の印象を残してしまう可能性が高くなります。

 

ですからキャリアアップという言葉を使うのであれば、
応募先の会社とキャリアアップがどのように関係しているのか
自信を持って論理的に説明できるようにしましょう。

 

 

転職サイトおすすめランキングはこちら