MENU

面接で注目されるポイント!面接官の心を掴む医療事務の志望動機とは?

 

どのような職業であっても転職する時に聞かれる質問があります。

 

それは「なぜ新しい職場で働きたいのか」という「志望動機」です。

 

どのような面接官であっても、
面接の際にこの志望動機を重視し確認してきますので、

 

ここで面接官の心をしっかり掴めるような返答を述べられるかどうかで
合否は決まると言っても過言ではありません。

 

面接官は志望動機を尋ねて「何を」知りたいのか?

 

そもそも面接官はなぜ「志望動機」を知りたいと思うのでしょうか?

 

面接官の立場になって考えてみる必要があります。

 

面接官は「何か」を知るために、
「なぜこの業界を選んだのか」「ほかにも病院がたくさんある中で
この病院を選んだのか」という志望動機を尋ねてきます。

 

その「何か」とは

 

「本人の仕事への熱意や本気度」

 

「長期間働いてくれるのか」

 

「物事への取り組み方や人となり」

 

といった今後の仕事に大きな影響を与える情報です。

 

面接の時間には制限があるので、
面接官は志望動機の背後にある
この3点を早めに把握したいと考えています。

 

例えば、「医療事務という仕事をなぜ選んだのか」という質問に対し
「せっかく資格を取ったので、その資格を生かしたいと思った」とだけ答えるなら、

 

面接官は「もし他に資格を取得し、その方が有利であれば
仕事を辞めてしまうかもしれない」と感じるかもしれません。

 

さらに「なぜこの病院を選んだのか」という質問に対し、
「家から近かったから!ほかにも医療事務の人がたくさんいるので楽しそう!」
という返答をするならどうでしょうか?

 

面接官は「どこの病院でも構わないと感じている、
条件の良い病院が他にもあった場合辞めてしまうだろう」と判断するようになるでしょう。

 

ですから面接官が3つのポイントを把握でき、尚且つ好印象を残せるような返答をする事が肝要です。

 

面接官の心を掴む返答のポイント

 

事前にHPを通じて病院をリサーチし、
また少なくとも一度は実際に病院に足を運び
実際の環境や設備など「病院への理解度」を高めることができます。

 

それによって「なぜココを選んだのか」はっきりした自分なりの答えと
病院の理念などを関係付けることができ、
その志望動機は面接官の心に響くでしょう。

 

こうしたはっきりとした志望動機は「調査し理解する」という自分の物事への取り組み方や、
本当にこの病院で働きたいという願いもはっきりと知らせることができます。

 

このような自分なりの「志望動機」は面接官の心を掴み、好印象を残すことができます。

 

転職サイトのおすすめランキング