MENU

ADの仕事は華やかなテレビ業界でも激務!他業種への転職を成功させるためには?

 

ADは結構評価される!?転職の実情

 

一般的に、テレビ関係の仕事は
アナウンサーや芸能人など、非常に華やかな印象を持たれています。

 

就職の段階でも多くの志望者が訪れ、
つねに人気の業界といっていいでしょう。

 

実際にスターと呼ばれるような人は
年齢や学歴に関係なく報酬を受け取ることができますし、
テレビ局社員なども高収入で知られています。

 

しかし、そのテレビを製作する裏側は大変なことも多くあるのです。

 

法令に定める以上の超過勤務、雑用なども多く、
特に製作現場で一番の下っ端として働くADの仕事はまさに「激務」といってよいでしょう。

 

そんな大変な環境で仕事をするADですから、
長く続けられる人は少なく、離職率が高いというのが実情です。

 

さらに、ADをやってきた人の中には
ほかの業界で働いたことのない人も多く、
そのあとの「つぶし」が利かないのでは、と思っている人も。

 

ズルズルとアルバイトなどをしつつも、
結局は無職になる人も多いでしょう。

 

そもそも、テレビ業界というのは弱肉強食の世界です。

 

押しが強く、それでいて負けん気が強く、
どんなことをしてでも業界に生き残ってやる!というガッツを持っていて、
ようやくスタートラインに立てる業界です。

 

もしあなたがそんなガッツを持っているのであれば、
ADの仕事を続けてもいいでしょう。

 

しかし、心身に負担がかかり体を壊しては元も子もありません。

 

では、ADから転職した場合、どういう点に着目すべきでしょうか?

 

ADからの転職は有利?不利?という点ですが、実は有利といえるかもしれません。

 

そもそも、他業種に転職したとして、
ADより過酷な職場環境というのは少ないからです。

 

ですから自身でも負担なく仕事を続けることができますし、
会社側としても、過酷な環境で働いてきたADのガッツを評価する傾向にあります。

 

ただし、気を付けなければならないのは、
業種、会社ごとのマナーを知る必要がある、ということです。

 

テレビ業界は特殊な業界であるため、
なかなか一般の企業では通用しない慣習やマナーが存在することがあります。

 

そういった「くせ」が抜けないと、
新しい会社でトラブルになることも。

 

転職エージェントなどを活用すれば、転職先の紹介だけではなく、
その業種で気を付けることなどもアドバイスを受けることができます。

 

せっかく積んだADの経験をもとに、転職先で活躍しちゃいましょう。

 

トップページに戻る