MENU

ルート営業は飛び込み営業のストレスとは無縁!転職するならこれ!

 

「営業」という言葉に苦手意識を持っていませんか?

 

不景気が続く昨今、一口に「営業」というと、
取引先から無理難題を押し付けられたり、飛び込み営業など
肉体的だけではなく精神的にきつい仕事だというイメージがあるかもしれません。

 

たしかに、そうした営業も、
これまで多くの企業で行われてきた営業の一つでしょう。

 

しかし、そんな営業方法は
働く社員にとって負担が大きいものです。

 

とはいえ、そんな仕事に嫌気がさしたとしても、
特別な知識や技能がない限り、また転職先も営業となることがほとんどです。

 

仕事先はないけど、また飛び込み営業なんてやりたくない…

 

そういう人にぴったりなのが、
ルート営業という営業方法です。

 

ルート営業であればもともと取引のあるお客さんのもとを回りなが
ら継続的な仕事をするので、新規の飛び込みをするストレスから解放されます。

 

また、取引先も長い付き合いであることから
無理難題を押し付けてくることも少なく、
そういった意味でもよい環境で働けるでしょう。

 

ただし、ルート営業ならではの注意点もあります。

 

ルート営業は取引先と長くお付き合いしていく仕事になりますから、
良好な関係性を保ち続けていく必要性があります。

 

自社がメーカーなどの場合、
取引先と、自社工場の間でジレンマに陥ることがあるかもしれません。

 

そういったときに、両社にとってウィンウィンになれるような
調整を行うスキルが求められるのです。

 

ですから、転職の際にアピールするスキルも、
新規営業職と、ルート営業職では異なることになります。

 

ルート営業の場合は、日々の仕事をきちんと計画的に行う能力、
コミュニケーション能力などが問われることになります。

 

それでは、ルート営業の場合の年収はどれくらいになるのでしょうか。

 

一般的に30代くらいの社員では、
400万円から500万円程度の収入になると見込めます。

 

営業職の中では平均といえるのではないでしょうか。

 

一般消費者向けの飛び込み営業では
休日に仕事をしなければならないことも多いのですが、

 

法人向けのルート営業ではカレンダー通りに
休日をとることができる会社が多いです。

 

ある程度自分のスケジュールを立てることができるのも、
ルート営業のメリットですね。

 

新規の営業より求人の数は少ないかもしれませんが、
これまでの自分の営業の仕事に嫌気がさした人、
ぜひルート営業を見てみてはいかがでしょうか?

 

転職サイトおすすめランキングはこちら