MENU

飲食業から転職したい人必見!不可能ではありません

 

飲食業は仕事も大変で、
特に正社員として働く場合はキツイですよね。

 

典型的な「ブラック」な仕事ともいわれ、
収入面や休みの面でも、他の業種に比べると厳しい状況にあります。

 

ほかの仕事をしたい、そう思う人も多くいると思いますが、
なかなか飲食業をずっとしてきた人が
いきなりほかの職種に転職するのも難しいのも事実。

 

飲食業から転職をすることはできないのでしょうか。

 

飲食業からの転職ってできるの?

 

やはり前提として、これまで飲食業しかしてこなかった人が
いきなり就いたこともない職種に転職することは厳しいでしょう。

 

その背景として、飲食業は大変な仕事である反面、
特別な知識などを必要としない、単純な仕事だという決めつけがあるためです。

 

それだけでなく、飲食業の仕事だけをしてきた人には、
一種の「くせ」が染みついてしまっていることもあります。

 

飲食業界では必要な動き方や決まり事も、
ほかの業界の人にとっては余計なものとしかいえません。

 

こうしたことが積み重なり、ほかの業界の人たちは
「飲食業あがりは採用したくない」と思ってしまうのでしょう。

 

とはいえ、一概に飲食業経験者だからといって、
転職ができなくなるわけでわありません。

 

どのような職場であったとしても
共通して必要とされるコミュニケーション能力を持っている人材であったり、
未知の仕事に意欲を持って取り組むことのできる人材であれば、
きっと採用に結びつくことでしょう。

 

また、不要と思われて飲食業での経験であっても、
アルバイトを含めてうまく店舗を回してきた経験や、
クレーム対応など管理面での経験を積んできた人であれば、
きっとその経験は他業界でも生きることでしょう。

 

どのような職種なら可能性がある?

 

それでは、どのような業種であれば
飲食業からの転職がしやすいのでしょうか。

 

例えば、営業などであれば転職しやすいかもしれませんね。

 

飲食店では日々多くのお客さんや
アルバイトなどの中で仕事をすることになります。

 

自然とコミュニケーション能力が鍛えられる環境にありますから、
営業職に必須な対人能力を身に着けることができるでしょう。

 

そもそも募集数が多い業界であることもポイント高いですね。

 

女性ならば、事務職を希望する方もいらっしゃるでしょう。

 

事務職というと何よりもパソコンや経理にたけていることが条件に思うかもしれませんが、
一般的な仕事であればすぐにやり方を覚えることができますし、
飲食業界で鍛えた対人能力は必ずや社内で発揮されることでしょう。

 

転職サイトのおすすめランキング