MENU

営業が向いていないと感じたら転職を考える。他業種転職を成功させるための秘策!

 

営業職転職のチェックポイント

 

営業を辞めたいと思う人は、若い人だけではありません。

 

30代や40代、中には50代のであっても
営業職から離れたいと感じている人は多くいます。

 

求人に目を通してみると、営業職は求人数そのものが多く、
自分にとって営業が合う合わないがはっきり分かれる職種でもあります。

 

営業先の業界によっては
職員が頻繁に辞めたり、従業員の平均年齢が極端に若い企業も少なくありません。

 

コミュニケーションが得意な人にとっては、スキルアップも行い易く、
仕事が楽しく感じる人も多いですが、人と会話をすることがあまり得意ではない人や、
人前で話をする事が不得意な人にとっては、非常に辛く感じる職種です。

 

合う、合わないがはっきりしてしまっている分、
自分にとって合わないと感じたら、早めに見切りをつけ、転職する事も重要です。

 

営業から転職する際には、周囲からは石の上にも三年や、
三年は続けてからと声をかけられることが多々あるでしょう。

 

確かに、三年の経験を積み重ねる事はとても重要ですし、
そこから得られる事も多くあるでしょう。

 

要領を得たり、仕事を効率よくすすめられるようにもなる可能性が高いです。

 

しかし、合わないと感じている人にとっての三年とは、
実に長い年月であり、既に合わないと感じている人にとっては苦痛の期間でしかありません。

 

三年をとりあえず我慢をするには
メリットよりも、デメリットの方が多くなってしまいます。

 

また、三年後に、再び一から仕事を始め、
覚えていく事は非常に大変ですし、第二新卒と呼ぶには
少々歳をとりすぎてしまった感も否めません。

 

求人が売り手市場の今、三年という声にこだわらず、
自分自身のタイミングで退職を行う決断を行う事も時には重要になります。

 

現職である営業職から転職を行うとなると、
先ずは他業種の営業職からチェックしてみるのがおすすめです。

 

営業職が嫌だと感じる時に多くみられるのが、
現業界に興味が持てないという理由です。

 

例えば、医療に全く興味が持てない人が医療業界が嫌になり、
遂には営業職自体に嫌気がさすパターンです。

 

そのような方は、業界を思い切って変えてみるのも、
転職活動を上手くいかせるコツです。

 

そのためには先ず、
自分自身が興味を持てる業界を研究し、受けてみるのもおすすめです。

 

営業自体が嫌な方は、全く別の職種を受ける事も可能です。

 

しかし、その際には出来るだけ若いうちに転職を行う事が重要です。

 

そうする事で、転職先でもしっかり研修を受け、
今後のスキルアップに繋がっていきます。

 

これらのように、営業の転職に早いから駄目だという事はありません。

 

どうしても耐えられない場合は、
三年が過ぎるのを待つ事は時間のムダでしかありません。

 

辞める理由を明確にし、
計画的な転職活動を行う事が大切になります。

 

転職サイトおすすめランキングはこちら