MENU

『月刊MAN-ZOKU』編集部に29歳で転職し、約2年間勤めました。

 日本3大風俗誌の一つと言われていた『月刊MAN-ZOKU』編集部に29歳で転職し、約2年間勤めました。取材・撮影、原稿執筆のほか、デザイナーやカメラマンの外注管理をこなしながら残業する毎日。翌朝の始発電車で家に帰って入浴後、2〜3時間の睡眠をとってはまた出社するという生活を送っていましたが、いくら働いても全くお金が貯まりません。当時、私は中野区で独り暮らしをしていたので、月の手取りが18万弱なのは少なすぎました。家賃や光熱費を払ったらほとんど手もとに残りません。毎週日曜は辛うじて休めたものの、遊びに出かける余裕はありませんでした。プライベートで風俗嬢とは仲良くなっても、お店に遊びに行くことができません。
 前職のゴルフ一般誌『ALBA』編集部と合わせて4年の編集職というスキルを得た私は、自分の能力を評価してくれる編集部を求めて転職を決意。実績件数No.1という謳い文句を頼って「マイナビ転職」に登録しました。私は勝手に、即戦力として編集者を求めている会社は数多いと予想していました。
 ところが実際に検索してみると、編集職の求人募集は出てくるものの、若返りを図りたいという意向の会社が多く、どこも即戦力を求めていないという現実を突き付けられました。焦りを感じた私は、求人サイトとして検索上位だった「リクナビNEXT」にも登録。条件を登録して探してみると、高田馬場にある某編集プロダクションが出てきました。編集プロダクションは販元とは違ってプロレベルの編集者が集まっているので、私にとっては自分の力を試すチャンスの場でした。募集内容を見る限り、業種は『月刊MAN-ZOKU』と同じく風俗系でしたが、給与も含めた待遇は悪くありませんでした。
 早速、履歴書を送ると、すぐにお返事が来ました。私は面接に行くまで知らなかったのですが、もともと『月刊MAN-ZOKU』編集部の下請けだったことを聞かされました。面接時は筆記試験として記事を書かされるという想定でしたが、私の履歴書に『月刊MAN-ZOKU』と書いてあったことから、筆記は免除になりました。
 それから1週間後、男性誌を扱う部署で働き始めました。その編集部では主に竹書房やミリオン出版、晋遊舎の男性誌を扱っていました。前職と仕事内容は変わりませんが、会社組織としての行事や雑務がない分、編集職に没頭できます。販元の『月刊MAN-ZOKU』編集部とは違って、丸ごと一冊任されることから、編集者としての意識も変わりました。業種こそ風俗系でしたが、編集者として誇りが持てるようになったのです。
 ただ、そんな生活は長く続きませんでした。その編集プロダクションの社長兼編集長との考えが合わなくなったのです。その方はせっかちで、最初は全て進行管理を任せていてくれたのですが、私が立てた進行管理のスケジュールに逐一、口を挟んでくるようになりました。私の進行が決して遅れているわけではありません。雑誌の発売日から逆算し、休む日も決めていました。ただ、平日の赤日(祝日)に休むと気に障り、私の携帯に電話をかけてくるようになったのです。
 編集プロダクションは、編集者としてこなす業務量が多いことから回転が速い(入ってもすぐに辞めていく)のですが、私は仕事としてのやりがいを感じていました。そして、私は編集者として評価されていたと思っていたのですが、この社長の言動を振り返って、何も認められていなかったことに気づきました。ただ小間使いとして働かされていただけでした。1つの組織である以上、トップダウンは当然のことかもしれませんが、仕事は信頼がなければ成り立ちません。ボトムアップする余裕がない編集プロダクションであるが故の惨事といえます。
 現在、私は杉並区の実家に戻り、45歳ながら派遣会社「リクルートスタッフィング」の紹介でDTPのディレクター職に就いています。仕事をする上では人間関係は重要ですが、転職サイトというWeb上だけでは転職先に勤める従業員の人間性までは読み取れません。転職サイトの利用の仕方は人それぞれですが、転職に頼る伝は転職サイトに限ってはいけないと思っています。

 

トップページに戻る

『月刊MAN-ZOKU』編集部に29歳で転職し、約2年間勤めました。関連ページ

美容部員から人材派遣会社での採用アシスタントに転職しました。
埼玉県に住む女性30代です。私は今まで転職を3回しました。
金融関係の会社からマスコミ関係の会社に移りました。
転職前はホテルマンの仕事をしておりました。
建設機械販売会社をリストラされ、知り合いの紹介で就職したのは地元・北海道の新聞社です。
私は現在42歳で大阪府在住の女性、3人の子供を持つ働く主婦です。
これまで7回転職しております
25歳の時に初めての転職を行いました。
転職後の仕事は不動産関係の事務のお仕事です。
現在は大手ゲーム会社でディレクターとプランナー業務を行っています
転職をしたのは、今から丁度1年前の29歳の時でした。
前職はシステムエンジニアで25歳まで勤めていました。
私は24歳の時に東京の音楽大学を卒業して就職活動を始めたのですが
転職回数は複数回あります。過去に使用して良かったサイトはFind Jobです。
転職前は一部上場の大手住宅設備機器メーカーの、代理店へ営業を行う営業担当でした。
大学を卒業後地元の大手スーパーに就職し、サービスカウンターに配属されました
転職前の仕事は美容師です。
これまでの10年間、ずっと、保育の仕事をしてきています。
転職前の仕事はメーカーで事務をやっていました。
現在57歳の神奈川県に住む男性です。
10月に徳島県に移住した30歳男性です。
30歳の男性です。転職をしたのは、今から丁度1年前の29歳の時でした。
前職はシステムエンジニアで25歳まで勤めていました。
私は24歳の時に東京の音楽大学を卒業して就職活動を始めたのですが
現在はスマートフォンのアプリを開発する会社の事務職をしています。
インターネット上での広告ライター請負業をしている者です。
私は2015年9月に転職を成功させました。
私は20歳から28歳までに4つの仕事を体験しました。