MENU

私は20歳から28歳までに4つの仕事を体験しました。

私は20歳から28歳までに4つの仕事を体験しました。

 

最初は正社員で接客業。携帯ショップの販売員でしたが、これが合わなかった。売り場作りや在庫管理などは楽しかったのですが、メインの接客が死ぬほど嫌いでした…お客様が来店されるたびに苛々してしまい、面倒な手続きと説明にうんざりし、時には激しいクレームに出会い(これが一番ですかね!)、2年を越える頃にはひどい眩暈、出勤時には泣き出してしまうなど体調を壊してしまいました。今思い返すと恥ずかしいのですが、心のSOSをだったのかな、と。2年と半年でそこは退職。

 

そこから約1年は無職で、のんびりしていました。職がなくなる不安よりも、身体が大事!と思ったのでした。
幸い、貯金があったので、金銭面での不安はなく過ごせました。

 

そろそろ仕事を探そうかな、と思っていた頃に友達から誘われたのが喫茶店での仕事。
久しぶりの社会復帰でしたが、友人のおかけで戻ることができました。
喫茶店の仕事事態は楽しく過ごせたのですが、時給が低く、保険も一切ない完全なアルバイトだったので、タウンワークでぱらぱらと転職先を探していました。

 

条件としては正社員でなくとも、保険があって、暮らしていけるくらい給料でいいかな、と。
一度目が正社員で給料も良かったのですが、使う暇がないくらいの激務じゃ意味がないと感じたためです。

 

タウンワークでとある会社のデザインチームの事務職の求人を発見。(社保完備)
美術の勉強もしていたので、周りからも後押しされ、応募しました。
そこでは楽しく働かせて頂いたのですが、引っ越しを機に退職。

 

引っ越し先で、先ずは仕事を見つけないと、意気込みました。
ハローワークに通い、家から20分、9ー17の社保完備の会社に契約社員として入社。

 

これが最悪でした。
ハローワークでは保険の一般事務ときいて応募しましたが、実際は事故のお客様対応でした。
入社日は簡単な挨拶ののち、ほぼ放置され、「あれやってないの?」と教えられてもいない事を「やっていない」と指摘され、「なんだこの会社は」と感じました。
嫌な予感は的中しました。入社3ヶ月で200前後の案件を持たされ、毎日お客様や代理店電話させられ、怒鳴られ、慣れない土地で精神的にも参ってしまい、自宅に帰っては自然と涙が出てきました。
前の会社がホワイトすぎる会社だっただけに、現在が辛すぎました。
それでも生活しないといけないので、仕事は続けました。腹痛は毎日でしたが、ある日耳の聞こえが悪くなって、病院にいきました。
突発性難聴になる人が珍しくない職種だから、と言われ、ぎょっとしました。ぶ、ブラック?と。
何年もこの仕事をされている先輩も、精神的なお薬を飲んでいる方が多く、ここに長くいちゃいけない、と強く感じました。
そして、退職。

 

ハローワークの募集で一般事務ではなく、きちんとお客様の事故対応と書いてあれば、絶対に応募しなかったのに、と怒りかんじざるをえません。規定では、面接時に業務内容を説明すれば違反ではないらしいのですが、求職者からすると詐欺と感じてもおかしくないと思いました。

 

あの時「早く仕事を見つけなきゃ」と焦っていたのも敗因のひとつ。今は落ち着いて仕事を探すようにしています。

 

トップページに戻る

私は20歳から28歳までに4つの仕事を体験しました。関連ページ

美容部員から人材派遣会社での採用アシスタントに転職しました。
埼玉県に住む女性30代です。私は今まで転職を3回しました。
金融関係の会社からマスコミ関係の会社に移りました。
転職前はホテルマンの仕事をしておりました。
建設機械販売会社をリストラされ、知り合いの紹介で就職したのは地元・北海道の新聞社です。
私は現在42歳で大阪府在住の女性、3人の子供を持つ働く主婦です。
これまで7回転職しております
25歳の時に初めての転職を行いました。
転職後の仕事は不動産関係の事務のお仕事です。
現在は大手ゲーム会社でディレクターとプランナー業務を行っています
転職をしたのは、今から丁度1年前の29歳の時でした。
前職はシステムエンジニアで25歳まで勤めていました。
私は24歳の時に東京の音楽大学を卒業して就職活動を始めたのですが
転職回数は複数回あります。過去に使用して良かったサイトはFind Jobです。
転職前は一部上場の大手住宅設備機器メーカーの、代理店へ営業を行う営業担当でした。
大学を卒業後地元の大手スーパーに就職し、サービスカウンターに配属されました
転職前の仕事は美容師です。
これまでの10年間、ずっと、保育の仕事をしてきています。
転職前の仕事はメーカーで事務をやっていました。
現在57歳の神奈川県に住む男性です。
10月に徳島県に移住した30歳男性です。
30歳の男性です。転職をしたのは、今から丁度1年前の29歳の時でした。
前職はシステムエンジニアで25歳まで勤めていました。
私は24歳の時に東京の音楽大学を卒業して就職活動を始めたのですが
現在はスマートフォンのアプリを開発する会社の事務職をしています。
インターネット上での広告ライター請負業をしている者です。
私は2015年9月に転職を成功させました。
『月刊MAN-ZOKU』編集部に29歳で転職し、約2年間勤めました。